【お知らせ】2018年6月20日:サイトをオープン!

「これからのアニマルセラピーは爬虫類が主役!?」解説トーク

「これからのアニマルセラピーは爬虫類が主役!?」解説トーク

今回のニュース

ブラジルではヘビ、トカゲ、ワニなどの爬虫類を用いたアニマルセラピーが、注意欠如・多動性障害(ADHD)などの障害に悩む患者に利用されつつある。26日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。

犬や馬など昔からアニマルセラピーに利用されてきた動物とは異なり感情移入できるようになるまで時間を要するが、心理学者、生物学者や獣医学者によれば爬虫類と暮らすことでも効果が得られるという。

3カ月前から爬虫類をセラピーに取り入れているサンパウロ州の非政府組織(NGO)「ウオーキング・エクオテラピア」の心理学者ダニエラ・ガッチ氏は、子供の特徴とセラピーの目的によって動物を使い分けている。例えば、ADHDの子供にはゆっくり動くアカアシガメをセラピーに取り入れることにより落ち着きと注意力を引き出すことができ、ダウン症で自閉症と脳性まひを患う子供が爬虫類セラピーで動物を世話することでより多くの言葉を発するようになった例もあるという。

このセラピーの効果は「自信をつける」ことにもある。障害のために学校で苦しんでいる子供も、ヘビの掃除をしたりワニに餌をやることで同級生がしていない特別な体験をしていると感じることができるためだ。

サンパウロ州ジュンジアイ市で実施されているプロジェクト「アマズー(Amazoo)」でもカメやヘビ、オカメインコなどをアルツハイマーや精神分裂症を患った高齢者用の病院や学校で利用している。

サンパウロ総合大学(USP)獣医学部のマリア・マルチンス教授はブラジルにおけるアニマルセラピーの第一人者だが、「ドクター・エスカルゴ・プロジェクト」としてピラスヌンガ市の学校で軟体動物を用いたセラピーを広めている。マルチンス教授によるとセラピーに利用される動物の種類は問わないが、多様性の問題を扱う場合は、少し「変わった」動物が良いそうだ。

ただし、アニマルセラピーが広がりを見せる一方で研究が進んでいないのが現状だ。マルチンス教授は「動物が良いということは分かっているが、さらに研究を進めてプロジェクトの基礎固めをする必要がある」と語った。

引用:サンパウロ新聞(2014年8月27日)

トークに登場する人

ヒロトヒロト…都会に住む。動物が大好き。
ユウナユウナ…田舎に住む。動物が大好き。
ハカセハカセ…動物に詳しい。正体は謎。

トーク・スタート!

ペットの知られざるパワー

ハカセ
みんなはペットを飼っているの?

ヒロト
飼っていない。昔は金魚を飼ってたけど

ユウナ
犬がいるよ

ハカセ
そうか、今はペットを飼う人はそこまで珍しくなくなったよね

ユウナ
昔から飼っている人は普通にいたと思うけど

ハカセ
でも、ペットにはすごいパワーがあることが判明している

ヒロト
どんな?

ハカセ
ペットを飼っている人は飼っていない人より、病院に行く回数が少ない、つまり健康らしいんだ

ユウナ
それってペットの面倒で忙しいから病院に行けないからではなくて?

ハカセ
病気の死亡率も減っているそうだ

ヒロト
それはすごい

ハカセ
ヨーロッパでは治療費の削減効果も算出されている。ようするに医療に使う税金を減らせるわけだ。ペットのおかげでね

ユウナ
じゃあ、ペットを飼ったほうが絶対にいいじゃん!

アニマルセラピーの誕生

ハカセ
そのペットのパワーに着目して医療に役立てているのが「アニマルセラピー」だ

ヒロト
見たことがあるよ。お年寄りの介護施設とかに、犬を連れていって可愛がってた

ハカセ
お年寄り以外にも、病気の子どもとか、老若男女誰でもアニマルセラピーは利用されているよ

ユウナ
癒し効果だね

ハカセ
単に癒すというだけでなく、動物を育てていくことで自立心が養われたりと、病院など狭い空間では体験できないことで刺激を受けていくのが良いみたいだ

ユウナ
確かにペットを飼うのは、いろいろ経験することが多いかも

ハカセ
アニマルセラピーの歴史は古く、古代ローマ時代に負傷した兵士のリハビリに馬を使ったとか

ヒロト
そんな昔から!

ハカセ
本格化したのは20世紀半ばになってからみたいだけど

ユウナ
犬や猫が大活躍だね

爬虫類も出番です

ハカセ
ところが今回のニュースのように、なにもアニマルセラピーで活躍するのは犬や猫だけじゃない。爬虫類だって出番がある

ヒロト
そこが意外だよ。爬虫類ってヘビとかトカゲとかでしょ? 好き嫌いがわかれると思うのだけど

ユウナ
モフモフしていないし

ハカセ
さっきも言ったように、ただ癒しを与えるだけでなく、広い意味での刺激が大事なのだろうから、爬虫類でもいいのだろうね。もちろん苦手な人はダメだと思うけど

ユウナ
刺激にはなるね

ハカセ
爬虫類はわりと大人しい生き物が多いから、扱いやすいのもあるだろう

ユウナ
カメとか、のんびりしているから、見ていると平和な気持ちになるよ

研究は少ない

ヒロト
じゃあ、もっといろいろな動物でも効果があるのかな

ハカセ
おそらくね

ユウナ
うわ~、カエルとかはどう? カタツムリは? タニシは?

ヒロト
落ち着いて…

ハカセ
残念なことにアニマルセラピーの研究は少ないようだから、まだわかっていないことが多い

ユウナ
動物でみんなが幸せになって、治療費も節約できるなら一石二鳥だよ。もっと研究が進んでほしいな~

ヒロト
動物にはまだまだ秘められたパワーがあるんだね

  • アニマルセラピーは犬や猫以外でも効果がある。可能性はまだまだ無限大!
この記事は以下の資料を参考に書かれました
・アニマルセラピーについて | 日本アニマルセラピー協会

研究カテゴリの最新記事