【お知らせ】2018年6月20日:サイトをオープン!
  • 2018.08.21

「”池の水ぜんぶ抜く”TV番組は本当に正しいのか」論争トーク

トークに登場する人 ヒロト…都会に住む。動物が大好き。 ユウナ…田舎に住む。動物が大好き。 ハカセ…動物に詳しい。正体は謎。 トーク・スタート! 人気のテレビ番組 池の水を抜くことの危険性 駆除は子どもがしていいのか 4つの提言 池の水を全部抜くのは、専門界の意見を聞いて、正しく行いましょう

「車がシカと衝突する事故は、満月になると増える!?」解説トーク

今回のニュース 海外からの迷信みたいな研究ニュース。「車がシカと衝突する事故は、満月になると増える」そんなことはありえるのか。そうだとしたらなぜそんなことが起こるのか。車を運転する人は知っておいて損はない!? Research conducted by Clarkson University biology chair Tom Langen has found that there is an i […]

「オーストラリアの爬虫類、14種に1種が絶滅の危機!」解説トーク

今回のニュース オーストラリアに生息するトカゲやヘビなどの爬虫類が侵略的外来種や気候変動による脅威の増大に直面しており、全体の7%が絶滅寸前の危機的状況にあるという。国際自然保護連合(IUCN)が2018年7月5日、明らかにした。 IUCNが5日に発表した世界の野生動植物の絶滅危機の度合いを示す「レッドリスト(Red List、絶滅危惧種リスト)」最新版によると、実質的にすべてのオーストラリア固有 […]

「森林窃盗罪とは? モミジの木を持ち去って書類送検された市議」解説トーク

今回のニュース 岐阜県が管理する保安林からモミジなどの樹木を持ち去ったとして、愛知県警津島署が同県津島市の大鹿一八市議を森林法違反(森林窃盗)の疑いで書類送検していたことが分かった。 送検容疑は、2015年10月、岐阜県高山市の県道「せせらぎ街道」近くで、県管理のモミジなどを盗んだとされる。送検は5月23日付で、大鹿市議は容疑を認めているという。 同署によると、大鹿市議はモミジを自宅で育てていた。 […]

「マグロ漁業者が水産庁に抗議!一方で報道で誤解も…」解説トーク

今回のニュース クロマグロの資源回復を図るため、7月から日本沿岸のクロマグロ漁について、法律に基づいて都道府県ごとに漁獲枠を定める新規制が始まる。悪質な違反には罰則もある。一方で、枠の配分方法などに漁業者の不満の声が高まっている。 「沿岸漁業の配分枠を増やせ」「休漁の補償を」。全国のマグロ漁師ら約650人が6月25日、霞が関周辺でプラカードを手に歩きながら切実な思いを訴えた。農林水産省には規制見直 […]

「クマの突然の出没事件で麻酔銃が使えない理由」解説トーク

今回のニュース 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(児童64人)にツキノワグマが侵入した。校庭でクマが見つかったのは2017年9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。 しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110 […]

「対馬の謎のカワウソの正体はニホンカワウソじゃない?」解説トーク

今回のニュース 環境省は2018年5月28日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県・対馬で調査した結果、韓国などにいるユーラシアカワウソの近縁種3匹が生息している可能性が高いと発表した。同省はこのカワウソが約50キロ離れた韓国から海流に乗って対馬に流れ着いたとの見方を強めている。 対馬のカワウソを巡っては、琉球大理学部の伊沢雅子教授のグループが昨年2月、自動撮影装置での撮影に初めて成 […]

「オオカミ再導入の議論。賛成派と反対派の主張を整理」論争トーク

トークに登場する人 ヒロト…都会に住む。動物が大好き。 ユウナ…田舎に住む。動物が大好き。 ハカセ…動物に詳しい。正体は謎。 トーク・スタート! 再導入という選択肢 再導入をめぐる論点 1. オオカミによる人への被害について 2. オオカミによる家畜への被害について 3. オオカミが日本の自然環境に定着できるかについて 4. オオカミがニホンジカなどの個体数調整に有効かについて 5. オオカミが他 […]

「ブラックバス論争。また続く規制反対派vs推進派の構図」論争トーク

トークに登場する人 ヒロト…都会に住む。動物が大好き。 ユウナ…田舎に住む。動物が大好き。 ハカセ…動物に詳しい。正体は謎。 トーク・スタート! ブラックバスから始まった 論争は続いている 1. 導入原因について 2. 生態系への影響について 3. 釣りへの規制について 規制反対派の意見 1. 釣り人ではなく漁業者が悪い オオクチバスの生息域が広がった原因は、漁業者によるアユなどの放流魚に混ざって […]

「野良猫論争。餌やりをめぐる賛否両論はなぜ生まれる?」論争トーク

トークに登場する人 ヒロト…都会に住む。動物が大好き。 ユウナ…田舎に住む。動物が大好き。 ハカセ…動物に詳しい。正体は謎。 トーク・スタート! 野良猫の餌付けで揉める人間たち 規制支持派の意見 1. 野良猫を飼育すべきである 野良猫に餌を与えるのなら、責任をもって野良猫を飼育することが必要である。場合によっては野良猫を引き取って飼育すべきである。 2. 餌やりは野良猫に害である やみくもな餌やり […]

1 3

人気記事